フォト

マンガ図書館Z

  • Revery_z__2

カノンテクスト/OP

刻の大地 復刊

刻の大地 愛蔵版 6

刻の大地 愛蔵版 5

刻の大地 愛蔵版 4

刻の大地 愛蔵版 3

刻の大地 愛蔵版 2

刻の大地 愛蔵版 1

幻想大陸 復刊

幻想大陸 完全版

レヴァリアース 復刊

レヴァリアース 完全版

レヴァリアース 完全版2

幻想大陸 パブー

  • _

REVERY EARTH 2 パブー

REVERY EARTH パブー

読書中

« 科学未来館 | トップページ | 科学未来館2 プラネタリウム »

科学未来館1 踊る!アート展 

トークイベントへ拝聴するため、またアート展を鑑賞したいため、アシストさん達を誘い上京し、科学未来館へ行きました。また、アシストさん達と常設展も見たいのですよね。 

科学未来館

20141223_01_2

ホームページを観た時、アート展が興味深い!と思い、これまた楽しみでした。

アート展

20141223_02

さっそく、アート展へ!

中は真っ暗な通り。グラフィックの明かりで表現するので、展示会場は暗いです。
通路をわたり、大きな広間につきました。地面がグラフィックの彩りで飾られて、まわりはガラス。カガミなので奥行きが広く感じられて、どこまでもつづいているような広間です。

20141223_08

20141223_10

20141223_11

足もとにたたずむと、波紋のようにグラフィックが、サラッとふわっと変わってゆきます。すごく幻想的。これは、つかみはOKですね!
 
次の通路へ行って、違う展示品が並べられてました。
絵画のようにディスプレイされてますが、グラフィックなので、時間通過でめくるめく絵が動き移り変わってゆきます。これは、新しいアート!絵具では表現できない、グラフィックならではの表現で、驚きました。時代はここまで来たか。。。!
また、絵が古風で古来の絵と現代のグラフィックが融合して、懐かしいのに新しく斬新です!

20141223_12

回転して「生」という字になる。習字のようないきた線に木の枝葉には花が咲いてます。

20141223_13

20141223_14

20141223_23

20141223_29

20141223_30

20141223_31

20141223_32

20141223_33

 

そして、わきには、巨大な動物たちのグラフィックパネル!大きすぎて画面におさめられません。

20141223_28

 

別の展示

20141223_25

識るが舞い降りる。

 

「追われるカラス、追うカラスも追われカラス、そして分割された視点」

これはまた。。。!新しい表現アートです!音楽もすごくあってます!体全身でせまってくるような、体感型。流れるながるる。鳥が駆ける。

20141223_35_2

20141223_38

20141223_39

20141223_40

20141223_41

うっとり。。。来てよかった。。。感激です(*´ω`*)

 

最後、「共同で創造する「共創(きょうそう)」の体験を学ぶ、「学ぶ!未来の遊園地」というのがありました。

お子さんが楽しんでいて、自分も遊びたい。。。!と思いつつ、だいのオトナが入るのは恥ずかしくて、そっと眺めてました。。。(*´∀`) 子どもたちが、自由に楽しそうに表現しているのをみて、微笑ましく感じました。

この展示は、創作者が一方的に自分はこういう風に表現した!ではなく、見る人も参加できる、体験型アートで、遊びゴコロの引き出しを出しているように感じました。

 

 
画家の絵は、歴史・画家の生涯を、現代の人が読み解き、解釈しそうではなかろうか、そういった時代背景なんですね!と時代を学び、画家の人柄にふれるというというものかなあ。。。と、感じてました。もちろん、美というのも要素も。

でも、この展示会は体験型で、鑑賞者は自由に遊び、そこから想像力の可能性を引き出してくれる、未来志向で産婆術のように解き放つ。。。と、受け取りました。
思い出している今も、あの体験は受け身だけではないと、こうふんします☆

« 科学未来館 | トップページ | 科学未来館2 プラネタリウム »

01.日常」カテゴリの記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ネット旅行

ファンティア

  • ファンティア
    Bnrfantiasm5f33e4b94396ceddfc301554

pixiv

ツイッター