フォト

マンガ図書館Z

  • Revery_z__2

カノンテクスト/OP

刻の大地 復刊

刻の大地 愛蔵版 6

刻の大地 愛蔵版 5

刻の大地 愛蔵版 4

刻の大地 愛蔵版 3

刻の大地 愛蔵版 2

刻の大地 愛蔵版 1

幻想大陸 復刊

幻想大陸 完全版

レヴァリアース 復刊

レヴァリアース 完全版

レヴァリアース 完全版2

幻想大陸 パブー

  • _

REVERY EARTH 2 パブー

REVERY EARTH パブー

読書中

« レヴァリアース シオン | トップページ | 言語と世界 »

枠組み

ぼくらは見えない枠にしばられている。
無数の見えない枠組みがなければ生活できない。
考えるっていうことは、そうした見えない枠と戦うことでもある。
それはとても難しい。
それを見えるようにしてくれる力が、人との出会いにある。

自分が常識と思っていたこと、そうして見えない枠として自分をしばっていたこと、それを共有しないひとが現れる。
それが変だと感じることで、はじめて、自分があたりまえだと思っていたことを自覚するようになる。
見えない枠が見えるようになる。

こんなにはっきり目がさめているのに、「夢かもしれない」なんて、妙チキリンなことを言う。
自分の意志でお茶をいれて飲んでるのに、「<自分の意志>って、なんだ。<自分>ってなんだ。<意思>ってなんなんだ」などとダダをこねるようなことを言ったりする。
だけど、こんなことばは、はじめていままで見えていなかった自分の枠組みが見えてくるようになる。
揺さぶられて、考えるようになる。

« レヴァリアース シオン | トップページ | 言語と世界 »

01.日常」カテゴリの記事

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ネット旅行

ファンティア

  • ファンティア
    Bnrfantiasm5f33e4b94396ceddfc301554

pixiv

ツイッター