フォト

マンガ図書館Z

  • Revery_z__2

カノンテクスト/OP

刻の大地 復刊

刻の大地 愛蔵版 6

刻の大地 愛蔵版 5

刻の大地 愛蔵版 4

刻の大地 愛蔵版 3

刻の大地 愛蔵版 2

刻の大地 愛蔵版 1

幻想大陸 復刊

幻想大陸 完全版

レヴァリアース 復刊

レヴァリアース 完全版

レヴァリアース 完全版2

幻想大陸 パブー

  • _

REVERY EARTH 2 パブー

REVERY EARTH パブー

読書中

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

冬コミおつかれさまでした

冬コミ、参加された方おつかれさまでした。

2度目のコミケで、冬コミは初参加でした。

 

アニメイトさんのNさんにお会いできて光栄でした。
アニメイトさんは過去、刻の大地のグッズをつくっていただいたり、お世話になってました。
いろいろお話できてうれしかったです。

 

おこしいただいた方、ありがとうございます。
なかには、涙を流す男性もいて…。作品を大切に想ってくださり、優しい方です。
抱きしめることしかできませんでした。

また、差し入れもご丁寧に用意いただいてくださった方々ありがとうございました。
会って、お話出来るだけで嬉しいのに、うれしいです。

レヴァリアースのコスプレイヤーさんを見ました!
自分の空想した2次元の作品が3次元になって現れてる!
記念に写真をとりました。ありがとうございます。自分の作品がこのようなかたちで、つながってゆくのは不思議で、てれて嬉しいです。

 

友人にも会えました。何年ぶりかでうれしかったです。ご丁寧に出展物をいただいてありがとうございます。「根底にあるのはかわってないね」て言われました☆また、会ってお茶したいですね。

逆に、入れ違いになって、差し入れだけいただいて会えなかった友人もいました。残念…冬インテで会いましょう。

 

今回のイベント、売り子さんのアドバイスのおかげで、のりきれました。
お世話になりました。お手伝い本当にありがとうございました。Yさんは紹介ではじめてお手伝いをお願いしていただいた方で、自分とは初対面なのにありがとうございました。

 

同人誌・グッズの残りは、アニメイトさんや虎の穴さんで通販の予定です。
遠くてイベントにお越しいただけなかった方でも、手にとっていただければと思います。

 

売り子さんと打ち上げ。おつかれさまでした。今回もありがとうございます。
ジンギスカンに行きました。
初めて食べました。いろいろな食べ方を知りました。未知の世界。

食後のデザート

1201230_001

楽しいいちにちでした。
参加者の方、またお会いする機会があれば、よろしくお願いいたします。

プレイしたいソフトがいっぱい☆

1201227_001

1201227_002

メリークリスマス

201203

☆ メリークリスマス ☆

冬コミのおしながき

*お知らせ*

冬コミのおしながきです。

☆新刊

●冬コミセット A(レヴァリアース フルカラーイラスト集2・エコバッグ・しおり・ポストカード・マグネットクリップ・フルカラーメモ帳) ¥2.000

●冬コミセット B(レヴァリアース フルカラーイラスト集2・ポスカ・しおり・エコバッグ・フルカラーメモ帳) ¥1.000

2

・レヴァリアース フルカラーイラスト集2

1201219

・エコバッグ

Photo

・しおり

2_2

・ポストカード

Photo_2

・マグネットクリップ (ウリック・シオン)

121201

・フルカラーメモ帳

☆単品のご希望の方は、売り子さんにおたずねくださいませ。

☆レヴァリアース フルカラーイラスト集2を、当日ご購入下さった方にささやかなプレゼントがあります。(数に限りがありますのでご了承下さい)

プレゼント1 昔、同人を行ってた時に描いたアルカディア便箋(はずかしいですが、持ってるよりも、手にしたい方がいらしたら、それはうれしいので)

93_3

プレゼント 2 レヴァリアースイラスト集1限定 ポストカード

プレゼント 3 レヴァリアースイラスト集1限定 ウリック しおり

プレゼント 4 MProject YOROZU1 ポストカード 

☆既刊

●夏コミセットA(フルカラーメモ帳・缶バッチ(ウリック・シオン・レムの3種)・モバイルクリーナー(ウリック・シオンの2種)・貼ってはがせるメモ) ¥2.300

●夏コミセットB(フルカラーメモ帳・缶バッチ(ウリック・シオン・レムの3種)・・貼ってはがせるメモ) ¥1.300

120823_006

・フルカラーメモ帳

120823_003

・缶バッチ(ウリック)

120823_004

・缶バッチ(シオン)

120823_005_2

・缶バッチ(レム)

120823_007

・モバイルクリーナー(ウリック)

120823_009

・モバイルクリーナー(シオン)

120823_010_2

・貼ってはがせるメモ

 

☆単品で缶バッチ ウリック・レム (各種¥200)あります

●レヴァリアース フルカラーイラスト集1 ¥400

●MProject YOROZU (アニメ・ゲーム フルカラーイラスト集) ポストカード付き ¥500

 

 **********************

*申しわけありませんが、スケッチブックはお断りいたしております。

*読者の方とお会いできるのは、貴重な機会です。お話したいですが、周りのサークル様にご迷惑をおかけいたしますので、人出が少なくなる午後2時過ぎ頃にお声をかけていただければと思います。

当日、みなさんとお会いできるのを楽しみにしております。よろしくお願いいたします。

霊魂(もしくは電子)は実在しうるか

時間をみつけて、読みたかった本を読んでいる日々です。
そこで、衝撃的な内容にふれました。

以下本文 

電子なしの理論も選択肢として可能であることを認めたい。
それは-私の考えでは-電子が実在しない世界を選ぶということである。
他方、われわれは電子ありの理論を選んだ。
それはすなわち、電子が実在する世界を選んだということなのである。
すると例えば、他の文化がもし現代において電子なしの理論を信じていたとするならば、彼らの住む世界には電子が実在せず、われわれの住む世界には電子が実在するということになる。
世界が違うのである。

 

今まで、神は無神論の立場で、電子は実験観測でおそらく実在するであろう。あってほしいという立場でした。
わからないけど、実在論の立場に向いてました。
人間の認識と独立の立場であると。

とある数に関する本で「数というのは、結果から見ればものの個数とか、長さなどに依存せずに、思惟の上だけで存在するものである」と。ありました。
ですので、楽観的希望的に考え、以下文にも「アプリオリに数がすべて存在していると認める立場は、言い方をかえれば、超越的な存在、たとえば宇宙を調和的に支配してくださってる神様の存在、を頭っから認めていて、われわれはそれを教わるだけである。学問とは習うものだという立場である。習うものだというのが語弊があるがあるならば、人間とは無関係に存在する理法をわれわれが徐々に知るのだという立場である。こういう立場も当然あるが、そういう理法、法則の実在を信じない人に向かっては説得力をもたない。数学は、信仰ではないから、信じない人に向かっても、その合理性を納得させねばならない。」と。
「自分が、数学的な超越的存在、法則を認めるか否か、換言すれば、われわれとは無関係に数学的真理が存在しているのだと考えるか、われわれ人間が数理を作りだしていると考えるかには関係なく、『定義する』という立場でもって議論せざるをえないのである。そしてこの立場では、その定義で万事うまくいくかの保証がないので矛盾を生じないよう気をくばらなければならない。」「数は自然の数理と無関係」

数をひきあいにだすのは、論議がずれてるかもしれません…。
いまだ、いきをひそめて待っているものを、みつけてゆく…、そうでなければ独我論におちいってしまいそうになったからです。

 

以下 霊魂(あるいは電子)が実在するか 注2 反実在論 の文にて

同様のことは、宗教的な場面ではふつうに起こっていると私は考えている。
ある人たちは神が実在する世界に住んでいる。
他方私は神が実在しない世界に住んでいる。
どちらかが正しいというのでもないし、どちらかが正しいはずなのだが本当のところは分からないでもない。
神が存在するのもしないのも、電子が実在するのもしないのも、それぞれにとって本当だと思うのである。

 

すとん、と。こころにおさまりました。
相対主義は器が大きいと思いました。
宇宙が収縮する気持ちになりました。

自分も相対主義を応援したいです。
しかし相対主義は文化や時代・他者に依存し、相対的な物事がなければ主張できない…沈黙してしまうような気がします。自身の主張はどこにあるのでしょう。だからといって、絶対主義には傾き難いです。悩ましいです。

 

この本に出会い、こころがゆらいでいます。

ミンキーモモ Blu-ray

ミンキーモモのDVDは以前からあるのは知って、いつか買ってみたいなあ。。。と、思ってました。

そこで、AmazonさんでBlu-rayがあるのを見て、いつ死ぬかわからないから生きている今のうちに見ておこうと思いました。

121212

子供の頃夢中で観た思い出のアニメ。
あの頃と自分の観点はかわらず、観れるのか。
自分は子供のままなのだろうか。。。大人になったのだろうか。。。子どもの心をわすれない大人になっているのか。。。
大人になったらなにになる?

 

星の王子さまが読みたくなりました。

ダンボール戦機 DVD

121128_001

ダンボール戦機が待望のDVDBOXになった!

 

うれしいです。

ダンボール戦機は勧善懲悪の香りがしますがグレーで、昔の昭和の友情とか勝利とかを感じますが、映像は最新で物語も2点3点とすすみひきよせられます。音楽も映像と合ってかっこいいです。

その、アニメがいつでも観れる!
作業があったので、流し観しましたが、懐かしくて色あせません。
うっかりすると、作業がおろそかになって、映像を凝視してしまってあわてて作業に戻って。。。☆

 

また、時間のある時に、じっくり観たいです。

リップクリーム

121211_002

トイザらスに以前行ったら、偶然目にとまり気になってました。
かわいい。おもわず、買ってしまいました☆
肌は乾燥しやすいので、手帳に薬やリップを入れて、気になった時塗ってます。

ベビースター

梅田の帰りにコンビニによったら、すいよせられるように手にとってかってました。。。☆

ベビースターだばぁ。

121207_003

映画 スマイルプリキュア

映画「スマイルプリキュア」前売りを買って、公開してだいぶ経ったので、終わる前に観に行かねばと梅田へ行きました。

 

いつもテレビで観てるので、大きなスクリーンで観るのは贅沢で、音響も体全身に向かってきて臨場感があります。

いつもげんきなみんなをみて、ほほえましくなりました。
ゲストのキャラクター、ニコちゃんの声優さんは林原めぐみさんとは贅沢です。
あまり、声優さんには詳しくないですが、林原めぐみさんは知ってて好きで、アルバム持ってますv

 

さいご、ぼろぼろ泣いてみてました。。。
もう、いつ死んでもいいや。。。なんて、思い残すことはなくなったような気分になりました。
スマイルプリキュア、大好きです。

121207_001

121207_002

記念のぷりくら☆

ごめんなさい こういうとき どんなふうにすればいいかわからないの

 

121211_001

後日、前売りチケットの特典をコンビニで受け取りました。
大切にします。

ダークナイト

以前、京都のラカンの公開講座で、先生が「ダークナイト」を薦めてらしたので、いつか時間のある時に観ようと思い、今日にいたりました。↓

http://miyuki333.tea-nifty.com/blog/2009/12/post-7f49.html

*物語*(Wikipediaより)

ゴッサム・シティにバットマンが登場してからほどなくして(映画の中に流れていたニュースによって9ヶ月間経った)、口の裂けた顔にピエロのようなメイクを施したジョーカーと名乗る正体不明の犯罪者が現れた。神出鬼没のその男は、その日も白昼堂々とマフィア傘下の銀行で強盗をやってのけると姿をくらました。

一方、バットマンことブルース・ウェインは、ゴッサム市民の平和を守るべく、毎夜悪と戦い続けていた。しかし、悪の芽をいくら摘み取っても、汚職と腐敗の蔓延したゴッサムに真の平和が訪れることはなかった。バットマンはゴッサム市警のジム・ゴートン警部、新任の熱血地方検事ハービー・コントと協力し、放射線で印をつけた紙幣を用いてマフィアの資金洗浄を一斉に摘発するという大胆な手段にうってでる。内通者の存在により一時失敗も危ぶまれたが、三人の尽力で最終的に作戦は成功し、とうとうマフィアは資金源を断たれ、さらにRICO法の適用によってボスたちを除くそのほとんどが投獄されることとなった。

ハービーの正義の信念が本物であることを感じたブルースは、自分と違って素顔を晒し、法に則って堂々と悪と戦う彼こそが、ゴッサムの求める真のヒーローであると確信し、バットマンを引退しようと考え始める。幼馴染であるレイチェル・ドーズに未だ想いを寄せるブルースは、自分がバットマンでなくなる日こそ彼女と結ばれる時であると信じていたが、レイチェルの気持ちはブルースと現恋人であるハービーとの間で揺れ動いていた。

そのころ、追い詰められたマフィアたちは、現れたジョーカーの「全資産の半分を条件にバットマンを殺害する」という提案をついに受け入れることを決定する。しかし、解き放たれたジョーカーの暴走は想像を絶するものだった。バットマンという一線を超えた活動をする存在に呼応するかのように、ジョーカーの犯罪もまた一線を越えていたのだ。

警官や市民を次々と殺害し、劇場型犯罪や予想のできない残酷な奇策でバットマンを心理的に追い詰めていくジョーカー。ジョーカーはバットマンが正体を明かさなければ毎日人を殺し続けると脅し、さらに街の希望のシンボルであるハービーをもつけ狙う。

これまで自身のルールに従って戦ってきたバットマンは、秩序を一切持たないジョーカーに苦戦を強いられ続ける。そんなバットマンを自分と同じ狂人だと語り、その信念を気休めに過ぎないと笑い飛ばすジョーカーの真の目的は、金でもバットマンの命でもなく、ゴッサムに恐怖と混沌をもたらし、良心の奥に隠れた人間の「本質」をさらけ出すことにあった。

*感想*(注・ネタバレ有り)

善と悪の区別が混沌としているという、各々の登場人物が自ら善なのか悪なのかが境界がない、勧善懲悪ではない登場人物。主人公のバットマンも特撮に出てくるような完璧なヒーローじゃない。裏の世界で技術を駆使してバットマンのスーツや武器をつくる。それを知った者が、告発するぞというと、体をはって街を守っている人を脅すのか?というやりとりも、バットマンのヒーロー像の矛盾。

 

悪魔はなぜ存在するのか? ― それは神がいるから。

悪はなぜ存在するのか? ― それは正義があるから。

ジョーカーはなぜ存在するのか? ― それはバットマンがいるから。

ジョーカーはバットマンも自分と同じような存在であると指摘し、さらにバットマンが自分を満たしてくれると言います。
正義のバットマンがいるからこそ、悪のジョーカーが生まれたのだと。
ジレンマです。

バットマンは己の正義の論理に従ってジョーカーを殺せない。ジョーカーも混乱を楽しむためにバットマンは不可欠と考える。

ある意味でバットマンはゴッサムシティの汚職を暴いていくことで一種の秩序を乱している。

 

真理だ、と思いました。

 

ジョーカー次の一手。

フェリーには爆弾が仕掛けられていた。
町の人々のフェリーには囚人の、囚人のフェリーには町の人々の船の起爆装置。
「今夜はみんなにある実験に参加してもらう。
 それぞれの船に渡したのは、相手の船の起爆装置。
 夜中の12時、二隻とも爆破する。
 だが先に相手の船を吹き飛ばせば、残った船は助ける。
 
 ハービー・レントが必死にかき集めた凶悪犯どもか、
 何の罪もない真面目な市民か。
 自分たちで決めてくれ。」
とジョーカー。

 

なんだか、fate/zero がよぎりました。

 

囚人の船
警官が囚人に起爆装置を渡すと、囚人はそれを窓から投げ捨てた。

市民の船
起爆装置を押すことが出来ず、箱にそっと戻す。

。。。こころがあらわれました。
良心が、お互いの命の尊厳を思う…。

 

一方。

ジョーカーの策略で、命は助かったものの、大やけどで顔半分を失ったハービー。
愛するレイチェルを失い理性が崩壊。

ハービーの憎しみはゴードンに向けられた。
ゴードンの妻、子供二人を、レイチェルが死んだ場所に拉致。

「ジョーカーは俺を選んだ!」
「3人の中で一番潔癖だからだ!」
 やつは君のように、潔癖な人間でも悪の世界に、引き込めると証明したかった!」
「…なら成功だ。」
「銃を向ける相手を考えろ。彼女を、死なせた人間に銃を向けるんだ。」
「いいだろう。まず、お前だ。」
コインを投げるハービー。裏。発砲。バットマンが撃たれる。
「次は俺。」コインを投げるハービー。コインは表。
「ハービー、言うとおりだ。レイチェルが死んだのは私のせいだ。
 だから、その子に罪はない。私を罰しろ。」
「罰するとも。息子に大丈夫だって言え。嘘をつけ。俺と同じように。」

観てて、悲しくて、切なくて過呼吸手前になりました。
どれほど、心からレイチェルを愛してたかが彼の行動がそうさせます。
悪という枠組みで語るのではなく、彼がどれだけ愛していたからの反動に思えてなりません。

そうすると、かえって理性的なバットマンが冷徹に思えます…。正義のため、秩序のため、己を殺して。悟りにも開いたかのようなその心のうちは、行為はどこに起因するのでしょう。

「・・・大丈夫だ。心配いらないぞ。」
コインを投げた瞬間、バットマンがハービーに体当たり。二人は落下。


ツーフェイスと過去に呼ばれたハービー、。
ただれた顔と綺麗な顔、本当にツーフェィスとなってしまった。
でもバッドマンは亡くなったハービーの綺麗な顔を向ける。バッドマンの心遣いがみえます。

「ヒーローとして死ぬか、生き延びて悪に染まった自分を見るか。」

なんだか以前観た「シャッターアイランド」を連想する台詞です。

 

彼はヒーローじゃない。
静かなる守護者。我々を見守る番人。
闇の騎士、ダークナイト。

COMIC CITY大阪92 当選

COMIC CITY大阪92 当選いたしました!

 

2013年1月6日

Mproject

6号館Cゾーン ひ1b

 

夏のイベントでご迷惑をおかけしたのに、嬉しいです。
ありがとうございます。

 

出展物は

レヴァリアース フルカラーイラスト集2セット(エコバッグ・ポストカード・しおり付き)
フルカラーメモ帳
マグネットクリップ 2種

2012年イベントの在庫を冬コミで出展しますので、そのまた、在庫です。
冬コミが終わりましたら、くわしい出展物をブログでお知らせいたします。

*申しわけありませんが、スケッチブックは受け付けておりません。
*お話したいのは、やまやまですが、買い手さんやまわりのサークルさんのご迷惑となりますのでご挨拶程度にお願いいたします。
 友達Kさんのアドバイスだと、お昼2時頃だと人が空くとのことで、そのぐらいですとお話しできるかもしれません。読者さんとあまりお話しする機会のないことですので、少ない時間ですがお話しできればと…。その際、まわりのサークルさんにご迷惑のかからないようお互い気をつけましょうね。

夏では誤解やご迷惑をおかけいたしましたので、それを教訓に冬のイベントを行いたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

アジャストメント

アジャストメントをレンタルで観ました。

*物語*(Wikipediaより)

フォーダム大学の元バスケットボール選手のデヴィッドは、饒舌な話術で有名なアメリカ合衆国議会の上院議員候補。彼はある日、ダンサーであるエリースと運命的な出会いを果たす。2人が結ばれるのは時間の問題だったが、翌日デヴィッドは黒ずくめの謎の集団に拉致されてしまう。

「運命調整局」と名乗る彼らは、世界の時空と人の運命を自在に操作・調節し、世の中の調和とバランスを監視する組織であった。だが、彼らは自分たちの不手際で2人が出会ってしまったことから、操作した運命を進行させるため2人を引き離そうと画策していた。デヴィッドは自分の運命を取り戻し、愛する彼女を守るため、たった一人で調整局たちの陰謀の阻止に挑む。

 

*感想*(注・ネタバレ有り)

キャッチコピーは「《操作》された運命に逆らえ」
以前映画館へ行った時、チラシで見て、観に行きたいなと思い、映画館で観逃したのでレンタルしました。

世界を支配する神にはいろいろと計画(プラン)があって、その計画を実行に移すために秘書的な役割の天使が動き回り操作する…。
その神とは議長と呼ばれ、天使は調整局呼ばれてる。

 

操作された運命?神とは?プランとは?いろいろわくわく要素があって、期待しましたが。

拍子抜けしました…。

 

恋愛映画だったなんて…。ガクッ。(縁遠いので、あまり感情移入でいませんでした…)
与えられた運命に抗い、自ら選択して切り開く人生…!なんて、燃える設定と思ってたのでしたが。。。

 

一神教の神や天使を人の姿に可視化し、プラン=運命から逸脱して愛という自由意思で未来を切り開こうとするストーリー。

ヒロインのエリースは、バレエ・ダンサー。
その稽古を主人公が見ることで、運命が大きく変わったとのはどういう象徴でしょうか?

 

帽子をかぶり、扉を開けると本来の場所と違う場所へとうつり、移動できる調整局。
主人公も帽子をかぶり、エリースと逃れようとつぎつぎと扉へ向かい、自由という象徴のNYの自由の女神がいるもとにきたのが、印象的です。

誰でも議長とも言えるのかもしれない、というのも。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ネット旅行

ファンティア

  • ファンティア
    Bnrfantiasm5f33e4b94396ceddfc301554

pixiv

ツイッター