フォト

マンガ図書館Z

  • Revery_z__2

カノンテクスト/OP

刻の大地 復刊

刻の大地 愛蔵版 6

刻の大地 愛蔵版 5

刻の大地 愛蔵版 4

刻の大地 愛蔵版 3

刻の大地 愛蔵版 2

刻の大地 愛蔵版 1

幻想大陸 復刊

幻想大陸 完全版

レヴァリアース 復刊

レヴァリアース 完全版

レヴァリアース 完全版2

幻想大陸 パブー

  • _

REVERY EARTH 2 パブー

REVERY EARTH パブー

読書中

« 可能性を開くことば | トップページ | ぼくらは、どこまで行けるのだろう »

考える

問題にとらえられて、「ヘウレーカ」の呼び声に耳を澄ます。そのとき、ある観察はぜんぜんきみの心に飛び込んでこないけれど、この観察は敏感になったきみの琴線に触れる。かすかな音がする。いける。いけるかもしれない。
観察や論理は問題を解くときにかかせない素材だ。だけど、それを問題に合わせて、捨てたり、選びとったり、つなげたりしていかなくちゃいけない。「ヘウレーカ」の声を待ちながらそんな作業をつづけていく、それが「考える」ってことだ。

できあがった解答なんかを読むと、観察と論理的推論がきちんとつながっていて、いかにも「論理的に考えました」っていう雰囲気をかもしだしている。でも、それにだまされちゃいけない。できあがった解答というのは、たんに、考えた結果を論理的に再構成して表現したものにすぎない。
論理的な推論や計算は、それ自体は考えることじゃない。考えるというのは、そうした推論や計算、あるいはさまざまな観察を、問題解決のもとに取捨選択してうまくつなげることだ。だから、コンピューターがたとえばどれほど複雑な計算にすぐれていたとしても、たとえいまよりもはるかに推論ができるようになったとしても、何のためにそういうことをしているのかがないかぎり、これは考えているのではない。

もしコンピュータが、「なんでわたしはこんな計算をやっているのだろう」、なんて言い始めたら、そのときはコンピュータも考えてるってことになるかもしれない。
逆に、どれほど計算ができなくとも、どれほど推論が苦手でも、どれほど観察力に難があろうとも、問題に向けての緊張が失われないかぎり、ぼくは考えている。なんか、とても、けなげた。

コンピュータには、こういうけなげさって、ないよなあ。

« 可能性を開くことば | トップページ | ぼくらは、どこまで行けるのだろう »

01.日常」カテゴリの記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ネット旅行

ファンティア

  • ファンティア
    Bnrfantiasm5f33e4b94396ceddfc301554

pixiv

ツイッター