フォト

マンガ図書館Z

  • Revery_z__2

カノンテクスト/OP

刻の大地 復刊

刻の大地 愛蔵版 6

刻の大地 愛蔵版 5

刻の大地 愛蔵版 4

刻の大地 愛蔵版 3

刻の大地 愛蔵版 2

刻の大地 愛蔵版 1

幻想大陸 復刊

幻想大陸 完全版

レヴァリアース 復刊

レヴァリアース 完全版

レヴァリアース 完全版2

幻想大陸 パブー

  • _

REVERY EARTH 2 パブー

REVERY EARTH パブー

読書中

« カーテン | トップページ | 打ち合わせ »

言語 体験

弟がごちそうしてくれると、お言葉に甘えて夕食家族で外食に出かけました。
ありがとうね。

注文して、食事を味わいます。
食べることはせつないです。

  

弟が子供たちが好きな麺類を注文しようと、メニューには冷麺があったのでたのみました。

たくさん量があったので、子供たちは食べきれず、家族で食べました。

弟「冷麺はめずらしく、手にはいづらく貴重なんだよ。子供たちには贅沢で、はやかったかな」
後からきいたのですが、麺じしんスーパーに売ってなくて、夏場にすこし売っているぐらい。盛岡にはあるらしいです。

  

母が「麺がしこしこしてるね」
自分「これが、『しこしこしている』という意味なんだ」
衝撃的な事実でした。
今まで食べて知ってた、この味わいが世間で言う共通語の『しこしこ』だったんだ。

いぜん、単語で『しこしこしている』という言葉をきいていましたが、何をさししめしているのか、どういう意味かわかりませんでした。

この弾力・あじわいが『しこしこしている』なんだと。

自分「弟が薦めてくれた本を思い出した」
銘柄や年代や貯蔵法といった客観的事実と関連しない、いわく言いがたいあの味がどうしても忘れられなくて、それを求めて世界を旅する私的ソムリエ。彼が求めているのがどのような味か、自分自身以外のだれにもわからない。だが、彼はときに、銘柄とも年代とも無関係に、その味にめぐりあうのだ!

自分「私的言語ってあるかな」
弟「○X△だと思う」
自分「それは人間が△☓○だから?」

自分「(野矢さんの)ドビンソンを思い出した」

弟との食事は楽しいです。

  

お店の人がサービスでフルーツを出してくれました。

111229ab

heart04パイナップル食べるのひさしぶりです。
みずみずしくって、おいしかったです。
ありがとうございます。

  

お店を出た時、子供たちは飴をもらってました。

自分「うちたちも、子供の頃、食後の後飴をもらってたね」
弟「うん」
ごちそうさまでした。

« カーテン | トップページ | 打ち合わせ »

01.日常」カテゴリの記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ネット旅行

ファンティア

  • ファンティア
    Bnrfantiasm5f33e4b94396ceddfc301554

pixiv

ツイッター