フォト

マンガ図書館Z

  • Revery_z__2

カノンテクスト/OP

刻の大地 復刊

刻の大地 愛蔵版 6

刻の大地 愛蔵版 5

刻の大地 愛蔵版 4

刻の大地 愛蔵版 3

刻の大地 愛蔵版 2

刻の大地 愛蔵版 1

幻想大陸 復刊

幻想大陸 完全版

レヴァリアース 復刊

レヴァリアース 完全版

レヴァリアース 完全版2

幻想大陸 パブー

  • _

REVERY EARTH 2 パブー

REVERY EARTH パブー

読書中

« 科学の世界 | トップページ | 人類は衰退しました »

フィクションのありかた

父と母が共働きなので、子供の頃は両親が帰ってくるまでテレビを観て待ってました。




今でも覚えてますが小学生の頃「ヤヌスの鏡」を観てました。
そのころ「ドラマ」「フィクション」という意味がわからず、こういった世の中があるんだ。
こわいなあ。なんて、思ってました。

それが、大人になって「ドラマ」「フィクション」の意味を知り、ドラマはほとんどみませんでした。
家はセットでできていて、俳優さんという、つくられた人物像があって、行動は演技、ライトとマイクがあって、それをうつすカメラがある。

フィクションはアニメがあるので、わざわざリアルの人間がする必要があるのだろうか?
アニメは明らかに、フィクションだと娯楽で楽しめます。
現実の人がフィクションを演じるのが、なんとなく、ゆるせなかったのだと思います。




時は経ち、漫画家としてデビューをして、出版社の部長さんや担当さんとお話しする機会が多々ありました。
いろいろ映画をおすすめしてくださるし、作家として表現を広げるためにも、勉強のため観ようと思うようになりました。
(はずかしながら、当時アニメや漫画ばかり観ていて、映画は全然知りませんでした。今も知っているのは、わずかですが)

映画はみればみるほど、魅力を感じるようになりました。

いかにみるひとを、ひきよせようと、物語をつくっているのか。
カメラワーク、セット、フィクションをのぞかせる間、人物の演技。
エンターテイメントというフィクションの枠組みを受け入れるようになって、自分は少し大人になったのかもしれません。

« 科学の世界 | トップページ | 人類は衰退しました »

02.アトリエ」カテゴリの記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ネット旅行

ファンティア

  • ファンティア
    Bnrfantiasm5f33e4b94396ceddfc301554

pixiv

ツイッター