フォト

マンガ図書館Z

  • Revery_z__2

カノンテクスト/OP

刻の大地 復刊

刻の大地 愛蔵版 6

刻の大地 愛蔵版 5

刻の大地 愛蔵版 4

刻の大地 愛蔵版 3

刻の大地 愛蔵版 2

刻の大地 愛蔵版 1

幻想大陸 復刊

幻想大陸 完全版

レヴァリアース 復刊

レヴァリアース 完全版

レヴァリアース 完全版2

幻想大陸 パブー

  • _

REVERY EARTH 2 パブー

REVERY EARTH パブー

読書中

« 赤い指 | トップページ | 京橋 »

容疑者Xの献身

やっぱり観ましたよ。何度観たんだろう。昨日の夜、映画になった「容疑者Xの献身」
最後、わかっていても、涙がぼろぼろとあふれますあふれます。。。

ちなみに下記のURLは↓現実の天才の数学者です。

http://www.s-coop.net/lifestage/backnumber/2004/2005_02/pdf/0502_06-07.pdf

http://www.asahi.com/jinmyakuki/TKY200612110091.html




(注:映画・小説ネタばれ)

映画のパンフレットより抜粋。
堤真一さんのインタビュー。

謎だったんです。どうして自ら自分の人生をダメにするのか。
なぜ、そこまで……。
自殺しようとしていたところを彼女たちに救われたと彼は勝手に思っているけど、それも含めて。
彼はけして彼女に一目惚れをしたから動いたわけではないと思うんです。
そうではなく、親子ですね。
親子に対してどういう意識が生まれたか、ということの方が大事なんじゃないか。
そして彼は最後の最後に初めて人間の愛情というものもを知るのだろうと。

―では、石神は、いわゆる「恋をしていた」のではないと。

そう、家族というか……。石神も母親が寝たきりになったために、大学院に行くことをあきらめた。
家族に対するあこがれがある。
おそらく母子家族でひとりきりのことが多いので、数学というひとりで集中する世界に入っていった……自分の頭の中でできることに。
そういう生き方をした人だと思うんです。
あの親子の健気さ、元気にいきている姿が、彼にものすごい生命力を与えてくれた。
あの家族の横に”住んでいる”ことで、自分も家族の一部になった気がして、心地良かったんだと思います。
きゃっきゃと(娘が)はしゃぐこえを聞いてるだけで幸せ。
本当にうれしかったんだろうなあって。

« 赤い指 | トップページ | 京橋 »

07.映画」カテゴリの記事

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ネット旅行

ファンティア

  • ファンティア
    Bnrfantiasm5f33e4b94396ceddfc301554

pixiv

ツイッター